関ロータリークラブ会長  後藤信介

       関ロータリークラブテーマ  「温故〈50〉知新」

 昭和41年に創立されて先人たちが営々と築き上げた関ロータリークラブに感謝し、2017〜18年度会長としてクラブの運営と 継承に何かを加え60周年に向け良いスタートが切れれば大変光栄におもいます。そこでテーマを「温故知新」ロータリーの基本を 学び直し、新しいことにも果敢にチャレンジしたいと思います。基本は例会にあります、例会は、異業種の情報交換の場であり楽しく、 とても有意義な会でもあります。和やかに友情を深め合う例会を目指し、そして培った友情でロータリーに邁進しましょう。  RI会長・イアン H.S ライズリー氏は「ロータリー:変化をもたらす」をテーマに掲げました。 「IT IS THE TAME TO MAKE A DIFFRENCE]ロータリーの奉仕活動を通して「地域に変化をもたらす」 「クラブに変化をもたらす」「人の人生に変化をもたらす」「自分の人生に変化をもたらす」というイメージだそうです。 国際ロータリー第2630地区ガバナー田山雅敏氏は「未来を創造しよう」・・・10年後のロータリーは・・・をテーマに、 今、新しい時代のスタートにあたり全てのロータリアンがまず自らがそして自分のクラブの未来を創造することにより行動に移して いきましょう。そのためにはロータリーの戦略計画への理解が大切です。クラブを更に強くするには私達のクラブの素晴らしい伝統を 礎に未来を創造できるクラブ作り、人作りにかかっています。10年後のあるべき姿を常に考えクラブの自主性を高め地域の魅力ある クラブ作りが目標にされています。  最後にクラブテーマと次に活動方針を掲げましたのでロータリーの友情と寛容の心で一年間ご指導、ご協力賜ります様お願いします。
≪活動方針≫
ロータリーの歴史と基本とは何かを学び活動に活かしましょう
60周年に向け長期計画をたてよう
地域と共に地域に合った奉仕活動を実践しよう
会員全員で会員増強に取り組み楽しいクラブにしましょう
魅力ある例会を目指し親睦と友情を深めよう
二つのロータリー財団地区補助金事業の実施

  


Copyright(C)2001-2008.SEKI Rotary Club All rights reserved.