関ロータリークラブ会長  加藤浩二

     関ロータリークラブテーマ 「行動しよう!情熱を持って」

 ロータリークラブは奉仕の理念を念頭に活動を行っております。そしてその原動力は個々のメンバーであり、そのメンバーの行動力とそれに対する情熱が成果となると考えます。 今年度のテーマを「行動しよう!情熱をもって」としました。 このテーマは、自分自身に言い聞かせる要素が強いのかもしれません。 どんな事業をする場合においても、情熱を持って事業を行わなければその事業は形式的なものになりかねません。 情熱を持って取り組んでこそ望む結果が得られるものであり、また望む人々の笑顔が見られるのだと思います。 今年度、全ての奉仕事業、環境事業、青少年育成事業、親睦事業、例会に情熱を持って企画実行していきたいと思います。 事業計画として、奉仕事業としては、昨年より始まりました、ベトナムの小学校支援事業を視察調査から実践へと繋いでいきたいと 思います。昨年視察をした事により我々メンバーが感じ取ってきた気持ちを基に事業の向こう側にある子供達の笑顔と将来を想像し ながら有意義な教育支援事業を行いたいと思います。環境事業としては、私が生まれ育ち生活しているこの地域を、次世代に住み続 けたいと思える様な環境の持続を考え、身近な河川環境の保全にターゲットを絞り蛍の育成をテーマに事業を行いたいと思います。 青少年育成事業としては、関ロータリークラブの代表事業である第19回になる高木守道杯関市中学校軟式野球リーグ戦、小学校タグ ラクビー普及事業を継続して行いたいと思います。親睦事業としては、事業の成功を左右するのは個々のメンバーの団結より大きく 左右されると思います。そんなメンバー間の距離を限りなく近づけ事業に挑む力を強くすべく楽しく親睦を深める事業を行いたいと 思います。さらに例会は、ロータリアンとしてのスキルアップを考え、一つ一つの事業がメンバーにとって有意義なものになる様に 今年度は、例年のプログラムに防災のキーワードも加えて、私たちの住む東海地方に降りかかる災害に備え、有事の際に地域、企業 でリーダーシップを発揮できる様、災害、人命救助、備えの知識を深めたいと思います。 最後に、これらの事業を行う上で委員長、副委員長のリーダーシップ、メンバーの皆さんの協力無くしては、なし得ません。 情熱を持って、今まで通り、今年度もメンバーの皆様方のご協力をお願い申し上げます。

  


Copyright(C)2001-2008.SEKI Rotary Club All rights reserved.